債務整理のメリットで最も大きいのが、月々に返済している金額を減らす事ができる、もしくは全くのゼロにする事ができると言う事です。任意整理では相手との話し合いによって借金を減額する事ができますし、自己破産になった場合には、色々な制限は付きますが、毎月の借金の返済をしなくても大丈夫になります。毎月の返済で生活が貧窮している方にとってはメリットが大きいと言えます。

しかし、債務整理には注意点もあります。債務整理を行うと個人信用情報機関に事故情報として記録されることになりますので自己破産や個人再生の場合には5年から10年、任意整理の場合には5年の期間はクレジットカードの発行が出来ません。他にもキャッシングが出来なかったり、奨学金の連帯保証人になることが出来なかったり、銀行ローン、住宅ローン、おまとめローンなどを組むことが出来ません。しかし、これらは債務整理を行う前でも出来ない事ですので特段不自由には感じません。

債務整理には三種類の方法がありますが、どの種類を選ぶにしても手続きが複雑すぎて個人で行う場合には、かなり勉強が必要になったり時間が掛かります。すぐに借金を整理したいという場合には、間違いなく弁護士などの専門家に依頼するのがベストだと言えます。